*

海軍のソナーがクジラを危険に晒すとアメリカの裁判所が認める!環境活動家が法廷で勝利

      2016/04/28

海の生き物たちを守るニュースです!

GreatNewsNetworkの記事(2013年)によると、アメリカ西海岸で行われるソナーを用いる海軍の演習について、カリフォルニア連邦地裁は、ソナーの使用がクジラやイルカといった海洋哺乳類を危険に晒しているという環境活動家たちの主張を認め、連邦政府に演習の許可基準を再検討するよう求めたそうです。

アメリカ海軍の空母艦隊

Photo credit: U.S. Government Works via flickr

ソナーによって2000万頭の海洋哺乳類が危険に晒される

アメリカ海軍が用いるソナーが、クジラやイルカといった海洋哺乳類を傷つけているという問題は以前から指摘されていたもので、ちょうどこの判決が出る前の2013年9月に、海軍自身がこの事実を認めています。

アメリカ海軍は、2014年から2019年の間に行われるアメリカ海洋漁業局の海洋調査の準備として自らが行ってきた模擬実験によって、

東海岸沖で186頭、ハワイや南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死に、重症を負うものは11267頭、方向感覚を失うなどの異常行動をきたす個体は2000万頭
出典:イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

という被害が出たとする試算を発表しました。

2000万頭もの海洋哺乳類が危険に晒されたなんて、想像を絶する数ですが、この数字はまだ十分ではないと指摘する専門家もいます。
天然資源保護協議会(NRDC)のマイケル・ジャスニー氏は、

それほど頻繁でない騒音でさえ、ヒゲクジラの採餌パターンを混乱させ、その個体数に悪い影響を与えることがあると指摘し、ソナー(音波探知機)訓練の後、ハワイ沖でおびただしい数のクジラが座礁した例をあげた。
出典:イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

という指摘をしています。

それでも実験を行うのか、と思ってしまいますね。

アメリカ海軍の潜水艦

https://www.flickr.com/photos/usnavy/7090840015/

それでも海軍はソナーの使用を続ける

今回海軍は、ソナーを用いる軍事演習や実験が海洋哺乳類に害を与えるという事実を認めながらも、演習や実験を止めるとは発表していません。

2013年の始めにも海軍は、カリフォルニア沿岸委員会(CCC)によりソナーを用いる軍事演習の回数を制限するよう求められましたが、これを拒否し、2013年の3月にはCCCが訓練プログラムを終了するよう指示しましたが、この措置は裁判で争われ未だ決着はついていないようです。

海中を泳ぐクジラ

Photo credit: Christopher.Michel via Visualhunt / CC BY

カリフォルニア地裁の判決は今後に影響を及ぼすか

そんな中、今回環境活動家たちの主張を認める判決がカリフォルニア連邦地裁で下されたわけですが、この判決は、海軍に対して軍事演習や実験を中止するよう求めるものではないものの、対潜水艦ソナーの使用が海洋哺乳類に害を与えるという環境活動家の主張を認め、政府に許可基準の再考を求めています。

生物多様性センター海洋問題主幹の阪下美代子さんは、「今日の判決は、クジラや他の海洋哺乳類が海軍と闘うチャンスを与えてくれました。」と語ります。

クジラやイルカは海の財産

イルカとキスする人

もちろん生き物はみんな大事ですが、クジラやイルカは高い知性を持ち、多くの場面で人間を癒してくれています。そんな彼らが海岸に打ち上がるほど狂ってしまうなんて、そんなの絶対ダメですよね!

日本の捕鯨が問題視されることは多いですが、軍事演習による海洋哺乳類への被害はその比ではありません。

ソナーによる海洋哺乳類への被害とは?

座礁するクジラ

Photo credit: digitalsadhu via Visual hunt / CC BY-NC

大音響の軍事ソナーを使用することで、海の中は騒音どころではないソナー音が響き渡ることになる。最新鋭の低周波ソナーシステム(SURTASS LFA:低周波アクティブ方式探索曳航アレイ・ソナーシステム)などは、215から240デシベルの音を出し、これは戦闘機の離陸やロケットの打ち上げ時にその真横にたっている状態に匹敵し、480km離れても140デシベルの音量が維持される。140デシベルとは、ヘビーメタルのコンサート会場のような音で、クジラの動作に影響を及ぼす水準の100倍と言われている。こうしたソナー音により、クジラやイルカたちは方向感覚を失うだけでなく、器官に気泡が生じたり、脳内出血を引き起こすと言われている。実際、海岸に打ち上げられた多くのクジラやイルカが、耳や脳から出血を伴っている。
参考記事:「脳に出血、多数が死亡」:クジラに致命的な米軍の強力ソナー、最高裁判決で推進

 

引用記事
Environmentalists win U.S. court fight to protect whales from Navy sonar

イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

参考記事
Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins
「脳に出血、多数が死亡」:クジラに致命的な米軍の強力ソナー、最高裁判決で推進

 

 - 動物愛護