*

日本の2015年の犯罪発生件数が戦後最低を記録!

      2016/04/26

手錠

FNNの報道によると、日本における2015年の犯罪発生件数は戦後最低を記録したそうです!

2015年1年間の全国での犯罪発生件数は、前の年に比べて9.3%少ない、109万9,048件で、戦後最も少ない件数となった。
犯罪の種類別では、殺人事件は、前の年に比べ11.5%減り、933件で、空き巣などの重要窃盗事件は、前の年から9.9%減って、10万8,562件と、いずれも戦後最少を更新した。(FNN)
出典:日本で2015年に起きた犯罪発生件数が戦後最小に(海外の反応)

ニュースを見ていると凶悪な犯罪が増えているのかと思うところですが、実は着実に減っているのですね!

殺人事件は昭和20年代より50%以上減少

凶悪犯罪である殺人事件もかなり減っています。

日本の殺人事件件数の推移

直近5年の全犯罪件数も減少傾向

2009年からの比較でも、全犯罪件数は20%以上減少しているようです。

日本の犯罪件数の推移

詐欺などの知能犯は増加傾向に

ただ、課題としては詐欺事件やサイバー事件等は増加傾向にあるようで、こうした新たな犯罪分野への対策が急がれています。

総じて見ると、治安は決して悪くなっているわけではないようですね!
ちなみに、犯罪が減少しているのは日本だけではなく、カナダなどの先進国でも犯罪率の低下が見られているそうです。

参考ページ:日本で2015年に起きた犯罪発生件数が戦後最小に(海外の反応)

 - 社会と人権 , , ,