*

転倒した選手がお互いの体を支え合いながら見事ゴール!感動の瞬間《リオ五輪女子5000m》動画付き

   

リオ五輪女子5000メートルで転倒したハンブリン選手とダゴスティーノ選手

8月16日に行われたリオデジャネイロ五輪女子5000メートル準決勝で、今大会最も心が温まる出来事が起きた。

ゴールまで残り2000メートルというところで、ニュージーランドのニッキー・ハンブリン選手は足をからめ、転倒してしまった。すぐ後ろを走っていたアメリカのアビー・ダゴスティーノ選手も巻き込まれ、倒れ込んだ。
ハンブリン選手は転倒したショックで立ち上がれず、トラックに倒れ込んだままだった。その時、ダゴスティーノ選手が手を差し出し、「立って!走り切らなきゃ!」と彼女を勇気付けた。

ハンブリン選手は立ち上がり、2人は再び走り出した。しかし、この時ダゴスティーノ選手の足首は想像以上のダメージを受けており、まもなく地面に倒れ込んだ。すると今度は、ハンブリン選手が彼女を励まし、体を支える形で一緒に走り始めたのだ。

ハンブリン選手は、当時の様子をこう振り返っている。
「転んだ時、私は、なにが起こっているの?なぜ私はトラックに倒れているの?という感じでした。その時、突然彼女の手が私の肩に触れられていたのです。”立って、立って!ゴールまで走らなきゃ!”って。 私は、”そうね、確かにその通りだわ。これはオリンピックのレース。私たちはちゃんと走り切らなきゃ”と思って、再び立ち上がったんです。
私を立ち上がらせてくれたアビーに本当に感謝しています。つまり、彼女こそがオリンピック精神の現れだと思います。」

2人は共に走り、トップから大差をつけられたが、見事完走し、会場全体から鳴り止まんばかりの拍手を受けた。

ハンブリン選手は、「彼女に会ったのはこの時が初めてだったけど、こんな女性に会ったのもこれが初めてでした。すごくないですか?素晴らしい瞬間でした。レースの結果は良くなかったけど、これは一生忘れることのない時間です。これからの人生、常に私の肩に触れる彼女の手と、「さあ、立ち上がって!」という言葉が思い出されるのです。」と語る。

両選手は当然、順位上は決勝に進出できないが、大会主催者は特別措置を講じ、両選手と、もう一人転倒の影響を受けたジェニファー・ウェンス選手(オーストリア)に決勝進出の権利を与えた。

「私を立たせてくれたときの、1パーセントでもお返しができたらと思ったんです。彼女がゴールできたときのうれしさは、言葉では言い表せません。自分がゴールして振り返ったらまだ走っていて、思わず『すごい』って言っちゃいました」

転倒が呼んだドラマ、励まし合った2選手が決勝進出へ 女子5000m

引用記事:Olympic Runners Don’t Leave Each Other’s Side During Race Despite Injured Ankle

 - ストーリー